死ぬ一歩手前

ボーダーコリーのサツキですが、実は一昨日の夜、死の淵をさ迷っていました。

 

とゆうのも、もともとサツキは血液疾患で、免疫介在性血小板減少症を半年前から患っています。

毎日6種類のお薬と、2週間に1回の通院を欠かさず行ってるわけですが、どういうわけか一昨日の夜から急にグッタリと動かなくなり、支えても力が入らず立てなくなってしまったのです。

ずーっとこんな感じで動かず、ご飯もいつもなら即完食するのに、ノロノロと遅く、しかも少し残してしまうという始末。

それに歯茎は真っ白で、手足や顔も冷たい。

脾臓も大きいし、もしかして内部出血?でも内出血がどこにも見られないし…

それとも、おもちゃの破片で腸閉塞?でも下痢・嘔吐もないしな…

 

ううむ。これはいよいよヤバいかもしれん。

夜遅かった為、最寄りの病院は終わってるし、一番近い夜間の病院に連絡したら輸血できる血がない。

 

いつもの病院が開くまで、あと6時間か。

人によっては、遠くても夜間病院まで車でかけつける人もいるでしょうが、私は本人の生命力にかけました。

とりあえず、万が一輸血が必要になった場合も考えて、若い大型犬と暮らしてるわん友に連絡し、輸血の協力のお願い。

マットをひいて体温の低下を防ぐと共に、リンパマッサージで少しでも血流をよくして、造血剤の薬を飲ます。

このただならぬ感じに、群がるバディ達

この間、わたしは『きっと死ぬぞ』と言い続けてました。

薄情者!と怒られる方もいるかもしれませんが、バディ達がいる手前、ビービー泣いて心配させられませんし、

万が一があった時には、最高に送り出せるようにしたい。

そして、お別れするには早いんじゃないの。という願いも込めて、『死ぬ死ぬ』言ってます。

 

その意味を知ってか知らずか、続々とサツキの元へ集まるバディ達

ボタンさんは、サツキの心配というより、私のことを心配して側にいてくれています(^^)

でも、もう少しサツキのことを配慮して(^^;)

そこから、寝返りもうてなかったのが、身体を起こせるようになり、2時間後には支えながら立ち上がり、お外でうんち・おしっこもできました(^^)/

ホッと一安心。

だがしかし、まだまだ油断できません。

 

次の日、朝一で病院に連れていき診察してもらった検査結果は、次回UPしたいと思います。

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

☆多頭飼ランク

 

皮膚病

ボタンさんの皮膚炎。消毒とお薬をつけて2週間経過し、最初に発見したお腹のものは良くなったのですが、、、

今日あらたに1ヶ所発見!(ToT)

あと、治りの遅いものも。

イボの近くに出来てるのも不自然かと思い、サツキの定期検査と一緒にボタンさんも病院に連れてくことにしました!

いつもだったら、1時間待ちなんて当たり前なのですが、連休中だからか今日は患者さんが少なめ~。

なので、わりかし早く呼ばれました(^^)/

 

診察結果、ボタンさんのは細菌性の皮膚炎とのこと。

イベントやら旅行やらプールだので、菌をもらってきたのかなぁ;

若い時と違って、免疫力が下がってるから、どっか出かけたりしたらよく拭いてあげたりシャンプーしてあげた方がいいねf(^^;

なんだかんだ、その後サツキの血液検査や薬で、1時間近く待ってしまった。

 

まぁもう慣れたさ(笑)

 

ちなみにサツキの血液は、前回と引き続き1%づつ下がっていて、未だに30%以下。

赤血球は造られてるらしいんだけどね~

それ以上に破壊が早いんだなぁ(-_-;)

このままじゃ、セカンドオピニオンも考えなきゃ!

 

とゆーわけで、サツキは引き続き薬漬けの毎日に、ボタンさんは10日に1回のシャンプーと皮膚バリアの点薬を6回分。

炎症起こしてるからシャンプー控えてたんだけど、逆にやっちゃってよかったのね~f(^^;

 

そーいやピッチも14歳あたりから、皮膚疾患が増えたんだよね。

もしかしたら、いちばん免疫が下がる歳なのかも?

いつも以上にケアしてかなければ!

14歳の子達!気をつけて!

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

☆多頭飼ランク

定期健診ですよ~

病気とともに生きる

 

原因不明だった貧血に悩まされていたサツキでしたが、骨髄検査によって免疫介在性血小板減少症とのことで、2週間に1回の定期健診がかかせません。

そして今日は、ボタンさんも肝臓・腎臓の定期健診。

サツキ一人連れてく時より、落ち着いてました^^

やっぱり彼女らも、お互い相棒の認識があるんですかね。

 

そんな今日は、人に撫でられ、わんこともご挨拶できてご満悦!

病院といえども、楽しみもなきゃねぇ~

 

ちなみに検査の結果がこちら↓

『サツキ』

久々に赤血球量が30%越え!最近サジー飲みはじめた効果が出てきたのかなぁ~

問題はボタンさんだの

肝臓薬ウルソを飲んでるものの変化なし。

加齢による腎臓機能低下のせいかボタンも赤血球が減ってきているそうです。

まぁ悪化してないだけいいのかね。

 

それにしても病院は待ち時間が長いよね~

最短でも1時間30分はかかるもの~

2時間待ちはざら!

 

さて、次回はまた2週間後なので、数値が上がってることを期待しよう♪

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

☆多頭飼ランク

実はこわい貧血5

トッピングを始めて1週間!

前回、予想以上に下がってしまった赤血球諸々。

薬だけじゃ心もとないので、貧血に良いとされる食材を使ってトッピングを開始!

ちなみに貧血に良いといわれて使っている食材がこちら↓

・豚、鳥レバー

・卵黄

・カツオ、イワシ、マグロ

鉄分といえばレバー!

そして意外や意外、青魚にも豊富!

さらに、血液をつくるためには鉄分だけでなくビタミンB群が必要不可欠!てことで、それらは野菜や果物で補いました(^^)/

・キャベツ、じゃがいも、サツマイモ、かぼちゃ、にんじん、いんげん、ブロッコリー、いちご、バナナ

 

そして、ヨーグルトが間接的に貧血をサポートしてくれるとのことで、無糖ヨーグルトも与えています(о´∀`о)

スプ仲間のアリスママからのご教示もありまして、レバーは毎日16gに、小分けに冷凍した野菜達をトッピングしてあげています\(^^)/

 

まさか3日坊主の私が、かれこれ1ヶ月、毎日かかさずトッピングを出来る日がくるとわ、、、

 

愛だね!!!!(笑)

 

さてさて、そのかいあってか輸血一歩手前までいってたサツキの貧血も一週間後にはこの通り。

上がってました~(T∀T)

ひとまず輸血はしないで様子見になり、骨髄検査の結果もでたとのことで見てみると、、、

白血病ではないとのこと。

ただ、骨髄の中にある白血球のマクロファージってやつが、死んだ細胞とか細菌を食べる役割があるんだけど、どうやらそいつが血液まで食べちゃってるらしい。

そして更に、僅かに身体にでた歪な赤血球を、変だと脾臓が判断して更に赤血球を食べちゃってるから、貧血が改善されないとのこと。

病名はおそらく【介在性血小板減少症】

人間とちがって、わんこは骨髄移植がないから完治はしないのだと。

対症療法のみ。

ステロイド多用していけば、肝臓に負担がかかり、そのうち肝不全とかで命にかかわるし、、

かといって使わずにいれば、貧血で倒れる。

 

難しいねぇ~

骨髄の病気は突発的だし、原因も不明。

誰がいつなってもおかしくないもの。

まぁでもサツキもまだ6歳ですからね!

彼女自身の力を信じて、サポートをできる限りやる感じで!

もしかしたらトッピング効果で薬も減らせるかもしれないし、前向きにやってきましょ~っ

なんとかなるなる!!

PleaseCrick!イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

多頭飼ランク

実はこわい貧血4

あがったり下がったり

前回4/26に非ステロイド系の薬を追加し、効果が出るまでの2週間後。

当初と比べたら、HCT27.7%から 33.7%まで上がってましたー!♪

薬の効果でてんね~。そしたら1ヶ月様子みようか。という話になり、薬の量も生活習慣も変えずに1ヵ月後。

 

下がってらっしゃる!!!!!

しかも当初よりも下がってる。。。

これは本当にまずいってことで、ステロイドを3錠から6錠へ大幅アップ。

お腹も膨れてるようなのでCT検査もしてもらったら、脾臓が半端なく肥大化。

 

 

※結構すごいので、苦手なひとはご注意下さい。

 

 

 

 

 

すごいでしょー。この赤い明太子みたいのが全部脾臓!

腎臓まで覆い隠してますわ。

本来はこぶしくらいしかない臓器とかいってたな。

 

薬だけじゃ頼りないので、ご飯にトッピングもはじめました!

貧血にいい食材を、この時期から今も続けてるんだよね。

骨髄検査もしたので、その結果もふまえて、また明日詳細UPします

 

PleaseCrick!イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

多頭飼ランク

実はこわい貧血3

内科治療を初めて23日後

相変わらず食欲は全開なサツキです(^^)

さて、前回の血液検査から10日間、造血剤を増やして様子をみた結果がこちら↓

数値上がってた~~~(*´▽`*)

造血剤の効果ですかな。

 

だがしかし、恐れていた肝臓への負担がでてきたぞ。

10日間で一気に上がったからなぁ・・・。内科治療にステロイドは必須だから使っていきたいけれど、肝不全になったらお手上げだしなぁということで、今度は非ステロイド系の薬も追加。

ただ、効果がでるのに2週間はかかるとのことだったので、次回は5月17日なり。

薬ばっかりで溜息でちゃう、ウマウマ寄こせって感じ!

 

実はこわい貧血2

内科治療して1ヵ月

ステロイドとサプリを飲み初めて1週間後(4月11日)の再検査では数値が上がっていました(^^)

 

よかった~。このままもう1週間続けてみて、数値が下がらなければステロイドの量を減らしていきましょう。との事でした!

 

ホッと胸をなでおろし、以前よりも安静にさせることを除けば、特に生活スタイルを変えずに過ごすこと更に1週間。

この調子なら、数値が上がるかどうかはわからないけど、下がることはないだろうと思っていたのですが・・

まさかの低下!!!

 

え?なんで?

 

薬の種類も量も変わってないのに低下するってことは、血液破壊行動のスピードが上がっている。もしくは血液生産量が更に低下しているって事だよね(゚Д゚;)

なんとなくお腹の膨らみも大きくなっているような。。。脾臓が大きくなってるのかなぁ

 

本人は相変わらずゴハンもよく食べて、おもちゃで遊ぶ気力も元気もあるんだよなぁ~

頑張らなくていいのにぃ

親想いなんだよねぇ(;´∀`)

 

結局、ステロイドとサプリの他に、造血剤をプラス!

これで数値上がってなきゃやばいね。

とりあえず、肝臓値が正常値以内なのが不幸中の幸いか^^;

ステロイド飲んでると、肝臓に負担かけちゃうからねぇ。

 

また明日、もう1ヵ月の様子をUPします~

実はコワい貧血

骨髄?脾臓?サツキの謎の貧血

実は4月からずっと貧血状態が続いているサツキさんです。

そもそもどうやって貧血がわかったかというと、歯茎の色!

健康なドラと比べるとご覧の通り↓

歯石がついてるのを除けば、綺麗な赤ピンク。それに比べてサツキは真っ白(;´Д`)

他に症状といえば、ちょっと休むことが多くなったかな?程度。

ゴハンもよく食べるし、トイレも異常なし。好きなおもちゃでも遊んでたし。

休むのも中年になったからかなぁ~なんて思って、口をめくったらこの状態。

 

貧血の原因っていろいろあるけど、代表例をあげると

・外傷による出血(交通事故や、内部出血)

・たまねぎ等の中毒症状

・なんらかの原因で自分で自分の血液を壊している

・骨髄疾患

 

ちなみに貧血に気づいた時の血液検査結果↓

 

HCTが20%だったら輸血でしたよ。と言われました。

まさかこんなに低かったなんてねぇ~

とりあえず、エコ―もしたら脾臓が肥大化してることも判明。

 

初診で絞られた原因はふたつ。

【骨髄の血液をつくる細胞が異変をおこしている or 脾腫が原因】

とりあえず肥大化してるならさっさと脾腫取っちゃえばよくね?と思ったのですが、、、

もし骨髄が原因だった場合、血液を貯蔵するための脾臓がなくなってしまうと更に症状が悪化してしまうとのことで、まずは内科治療に専念することに。

手術するのも、この血の量では心配とのこと!

とりあえず、ステロイドのプレドニンと、抗腫瘍サプリで1週間後再検査となったのです。

 

みなさんも、貧血にはよく気を付けてくださいね。

貧血に気づかないでそのままポックリ・・・なんて洒落にもならないですし、輸血だって拒否反応のリスクがあるので、安全な治療方法でもないですからね。

貧血チェックは歯茎以外にも、血中の酸素が足りなくなるので息がいつもあらいとか。舌の色が白っぽい。瞼の中の色が白いなどでも判別できますよ。

 

またUPします!

Who is SATSUKI

サツキ  ボーダー・コリー 2010年12月23日生まれ 女の子

 

一般家庭では、Buddyもとい飼い主は一人だと思うが、サツキはちょっと違う。

 

家族がふたつあるのです。

我が家と、友人宅。

 

ご近所さんが他所の子の面倒をみるなんて、昔は当たり前だった時と同じように。お互いがおたがいを助け合う仲なのです(^^)

だからちょくちょく行き来します。

 

ボーダーらしく活発な子ですが、それぞれのBuddyに対してとても愛情深くやさしい子です♪

一番下の子ともよく遊んでくれます^^おもちゃが大好きで、言うことなしのパーフェクトガールと思いきや、稀に我が家では盗み食いをする賢い奴だったりする(笑)

最近原因不明の貧血で内科治療中ですが、本人は元気満々!

 

とにかく人が大好きで、初対面に対してでも、まるで5年ぶりの再会なみのテンションで挨拶しますf(^^;;

目が合うだけで、鼻鳴らし&尻尾ぶんぶんなので結構恥ずかしいですw

もしそんなボーダーがいたら、それはサツキですよ(笑)

さっちゃんって呼んでください♪