Satsuki49日で学んだこと

サツキが旅立って49日が過ぎました。

初めてちゃんと49日ってやつを意識した気がします。

でも本来の意味やその間の準備とやらは意識していなかったので、あぁ49日たったんだなぁ、というのが率直な感想・・

お線香をあげたりしていたけれど、実感がわかないなぁ〜

 

なんかまだ生きてる気がして。

またひょっこり帰ってくる気がして。

なので49日と言われても、早いような遅いような・・・

 

それだけ存在が濃い証拠ね!

良きことよきこと(^ ^)

 

そういえば、サツキが旅だってから思えたことがある。

 

それは、人はよく最期の迎え方をおそろしいほど重要に考えるということ。

例えば、急に末期ガン宣告され抗癌剤治療を開始するも、結局体調が優れないまま旅立ってしまった子。

介護を続けていたものの不在の間に旅立ってしまった子。

飼い主の理想と違う旅立ち方をした子達に、とても後悔の念をもつ飼い主さんが多い。

もちろん最期まで一緒にいられるほうが、お互いに報われるのかもしれないけれども、

わんこ達は最期なんてものは考えていないんじゃないのかな?

いつも、彼・彼女達は楽しかったこと嬉しかった記憶を大切にしていて、いつだって希望にあふれている。

最期のときまで家族との思い出を思い描きながら旅立っていくのだとしたら、

ごめんねではなく、ありがとうを伝えよう。

彼・彼女達も最期まで褒められて虹の橋に向かいたいだろうから。

 

なので、今はもう旅立ってしまった歴代のバディ達にもあらためて

「ありがとう」

 

彼女達には、いろいろと学ばせてもらうことが多いです^^

 

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク

お別れ式の様子

さよなら三角またきて四角

 

サツキが旅立ってから早2週間かぁ~

ここしばらく目まぐるしい忙しさで、前々から予定していたドラの乳腺腫瘍の摘出と避妊手術や、仕事のゴタツキもありなかなか更新できずにいました(^^;)

サツキはというと、旅立ってから3日後に火葬をし、49日までは我が家にいることとなりました。

ちなみに火葬ですが、ピッチのときは近所の霊園さんに頼んで個別火葬をして頂いたのですが、当時骨壷に入って戻ってきたピッチを見て、本当にこの中身はピッチなのかと疑った気持ちがあったので、サツキは立会い火葬にしました!

火葬もピンキリなんですけれども、近所の霊園さんは割り高で、火葬場も離れていたのでいろいろ調べてみました。

すると、意外にも車で家まで来て火葬してくれるプランが一番安く、さらに信用性も高かったのです^^

 

お別れを目の前で見るのがツライ場合もありますが、我が家の場合にぎやかに送り出してあげることにしました♪

わん友や家族も集まってくれてサツキも喜んでくれたことでしょう!

わん友が、お花にサツキの写真までつくってくれて感激です!!

この幸せものめ!

みんなから愛されていたんだなぁ~と実感します^^

さらに頼んだ火葬業者さんは、般若心境に六文銭・短刀などまるで人間と同じようなお別れ式をして下さいました。

 

おかげで気が済むまでお別れの言葉をかけることができました。

 

昼食をとっている間、わんず達はかけまわっていました(笑)

 

そして約2時間ほどで火葬が完了。

 

途中突風で砂嵐がおきたり、終始にぎやかだったお別れ式。

来てくれたみんなには感謝感謝です!

きっとサツキは今頃、いろんなところへ遊びに行っていると思います^^

病気と戦った愛の戦士、サツキ!

ピッチもお気に入りのかわいい子ちゃんが来て喜んでいることでしょう(*^^*)

 

これで我が家は3スプのみとなってしまいましたが、これからも騒がしくにぎやかなバカボンずでいこうと思います!

 

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク

 

サツキの軌跡

7歳で虹の橋へと旅立ってしまったサツキ。

サツキはママちゃんという友人と一緒に飼おうと決めた子で、一目見たときからお互いにビビビ!ときたのを今でも覚えています^^

生後2ヶ月のときから人の顔をよく見る子で、おとなしくお座りの指示を聞いたり、とにかく子犬とは思えないほどの理解力でした。

子犬時代は我が家で育ち、無駄吠えなどで困ることはありませんでしたが、食糞したりゲージにはさまっていた時は驚きました(笑)

 

そのまますくすくと成長し、犬にも人にも愛想のいい子に成長しましたが、訓練はしてこなかったので、ひっぱり癖だけは凄かったです(^^;)

でも呼び戻しはばっちりだったので、ここが日本ではなかったらもっと過ごしやすかったのかもしれない。と今でも思います^^

 

老け線でピッチのことが大好きだったサツキ。

 

甘えん坊で、ママちゃんが大好きだったサツキ。

 

遊んでもらうのが大好きだったサツキ。

 

食べることも大好きだったサツキ。

 

ニコやドラとも遊んでくれたサツキ。

 

旅行にも行ったね。

 

美人で、毎日笑顔をふりまいてくれたサツキ。

 

知らない人にも愛想ふりまくりで、何人もの人を虜にしてきたサツキ。

 

2017年4月から、なぞの貧血に悩まされ、その後免疫介在性血小板減少症

であることが発覚。

毎日限界量のステロイドや造血剤を飲み続け、よくなったり悪くなったりを繰り返していましたが、血液が15%にまで低下したので輸血と肥大化した脾臓を11月に摘出。

病理検査によって、脾臓がリンパ種に犯されていることが発覚。

抗がん剤治療をしなければ余命2ヶ月と宣告されましたが、私達は治療しないことを選択しました。

副作用で亡くなってる子も知っているし、抗がん剤のせいで体調が崩れるのも嫌だったからです。

 

それでもサツキはいつものあの優しい笑顔で過ごしてくれました。

私とママちゃんにとっては最高のパートナーであり、サツキのパートナーになれたことを誇りに思います^^

余命宣告から倍以上も生きたサツキは奇跡の子なのかもしれません。

 

ありがとう。そしてお疲れ様。

 

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク

 

サツキ虹の橋へと旅立ちました

2月15日の午前中にサツキが旅立ったことをお知らせします。

 

・1月後半~腹部が若干ふくらんできましたが、元気食欲ともにあり、いつも通りの生活を送っていました。

・1月31日(水) 定期検査。相変わらず病院好きで、看護師さんからも可愛がられ帰宅。

 

・2月10日~ ごはんの食べ方がゆっくりになるも、ご飯は完食。

 

2月11日 イベントで購入した美味しいご飯を与えたら、ばくばく食べてくれました。

 

・2月12日 元気・食欲がなくなり、夜から急に下痢を起こす。

 

・2月13日 立てなくなり病院へ。

血液検査の結果、赤血球が24%から18%へと減少。

点滴と下痢止めの注射を打ってもらい、ステロイドを4粒から6粒へ変更。

 

・2月14日 朝の便は良好。再び病院へ行き、腹水をとってもらい、エコーをとってもらう。

腹水にたくさんのリンパが発見され、お腹の張りは肝臓が肥大化しているのが原因とのこと。

点滴と下痢止めを打った後、病院で超うまうま馬肉フードを購入すると、1pと半分を完食^^

 

なんとかウマウマや流動食を食べていましたが、夜には寝たまま下痢が止まらない状態へ。

朝まで1~2時間ごとに下痢をしてしまう。

・2月15日 朝、立ち上がることも身を起こすこともできなくなり、自分の意思とは関係なく排出してしまう。

危険な状態なので、仕事場によってからサツキを一緒に育ててきたママさんを迎えに行きましたが、帰宅すると亡くなっていました。

 

覚悟はしていましたが、涙はとまりません。

サツキの身体を清め、お花を買いにいくと、サツキに輸血をしてくれたエルマーがかけつけてくれました。

 

ドラとボタンさんも状況がのみこめない感じでした。

 

サツキは最期までウマウマを食べ、笑顔をたやさず、目の輝きを失わないでいました。

ちゃんと看取ってあげたかった。

病気の予防も出来たんじゃないかとか。

いろいろと考えますが、

とりあえず楽しくにぎやかな家族だったと思います。

見守ってくださった皆様、ありがとうございました。

 

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク

フラグをへし折れるか!?

サツキがご飯を食べなくなった

 

いつもなら、食後の器をひたすら舐め回すくらい食い意地がはっているサツキですが、2月10日の夜から食べ方がゆっくりになり、12日には食べなくなってしまいました。

本人はご飯をみると目を輝かせるのですが、お腹が張って苦しいのか、2〜3口でいらないと拒否してしまいます。

11日夜から下痢も続いているので、リンパ腫が消化器官に転移したのかもしれません。

もしくは、原因が腹水なら抜けばマシになるのかも・・・

 

病院へはふらついて歩けないので、カートの籠に入って行きました。

 

体温も低下しているのでダブルフルを着せてあります。

後から知ったことですが、癌は体温が低いと活発になるらしいです。

 

そして検査の結果、血液が24%から18%まで減少してしまっていました。

これはアカン。

14%以下になると輸血しないと生命機能が停止してしまう。

血液がこれだけ減っていれば、身体に酸素が巡らずふらふらするし、力も入らない。

だからずっとぐったりしているのだと思う。

脾臓も摘出してしまっているから、これ以上血液が造られることはないし、ご飯を受けつけないから鉄分を摂取することも難しい。

余命宣告された期間もとっくに過ぎているからね、なにが起きても不思議ではないけれど、本人がまだキラキラした目ができるうちは、やれることはやろうと思います。

 

まさかのフラグをへし折っていかないとね!!

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク

 

戦利品!

さてさて諭吉は何人減ったでしょう?

 

たぶん今までのイベントの中で最もお金を使った(笑)

今回買ったものは

ベッド、うんち袋、サプリメント、フード、消臭機、おもちゃ、カート

半分がサツキ用だね!

ステロイド飲んでるせいで、免疫が下がりっぱなしなので、ハナビラタケのサプリメントやフード。

あと大好きなおもちゃ!

とにかくずーーーとブピブピ鳴らしてます(*´∇`*)

どこいくにも持って歩いていて、外へトイレ行く時も持って行こうとするほど♪

3個買っておいたから、取られても安心!

 

最近下痢したり治ったりが繰り返しなので、ウマウマ食べて精をつけねば!

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク

 

犬ドミノ再び!

以前開催した犬ドミノ遊び

今回はなんとお外で開催!!

家の中も集中力が必要不可欠ですが、お外では皿に難易度がUP。

何せ広いし物音はするし、お外=遊ぶ。と認識しているバカボンずには難しい大技。

まぁ経験豊富なシニア組には、居眠りできちゃうくらい余裕なんですけどね!(笑)

ニコを入れても動じない

ドラがうろついたって大丈夫(笑)

さ!この調子でドラもチャレンジ!!!

 

結果はこちら!

 

 

 

 

 

 

汚れ損(笑)

誰よりも汚い!!(笑)

しかも全然待てなかったし!

本人は…

まだ本気だしてないだけ。

と言い張っています(笑)

 

練習しなきゃね~f(^_^;

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク

 

また雪がふる前に・・・

 

関東のバカボンず地方では、木曜日に再び雪が降る予報です。

ただ個人的には大したことないだろうと、根拠のない自信がありますが(笑)

ただ、またしばらくアイスバーンでお散歩ができなくなる前に、近くの川辺をお散歩してきました(^^)

 

雪のないところを上手に歩くバディ達。

日向では率先して雪道を歩くドラに対して、シニアのボタンさんとサツキはえんがちょw

短時間遊ぶ程度ならまだしも、長く歩くのは勘弁らしい^^;

 

犬用シューズ欲しいね!

でもなかなか良いのがないからなぁ〜

自分で作るか!(笑)

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ
☆多頭飼ランク