定期検診は大切ですぞ!

シニア犬は2ヶ月に1回は血液検査を!

 

現在15歳4ヶ月のボタンさん。

人間なら90歳を超えるシニア犬です(^ ^)

ぱっと見悪い所がなさそうですが、胆嚢粘液腫により肝臓数値が悪く、他にも慢性腎不全、前庭疾患発症歴ありなど歳相応にボロボロです( ;´Д`)

とくに腎臓は、1度悪くなると治ることがない臓器で有名なので、療法食を食べていても1〜2ヶ月で数値がぐんっと悪くなるなんてことは珍しくありません。

ボタンさんも、今年からは毎月血液検査をしていますが、6月にした血液検査で腎臓の数値が平均よりも高かったのです(;ω;)

なので7月中はリンを吸収するサプリをご飯に混ぜつつ、毎週点滴に通うことになりました!

ボタンさんは病院には慣れたものです(*^▽^*)

 

ですが、せっかくなので病院慣れのために健康体のドラも連れて行きました〜♪

ストレスに弱いドラは、自分の苦手な環境などでは黙っていられずに吠えてしまう質。

これで病院に行く度に注射や怪我、手術などでお世話になっていたら、尚更苦手意識が高まりストレス指数が増えていく一方なので、なんでもない日をつくっていく事にしています(^ ^)

おかげで地道にボタンさんの診察お供をしていった事により、だいぶ吠えなくなりました♪

 

病院だけでなくホームセンターなど、刺激がいっぱいあるところにお供するだけでもわんこ達は疲れるのよね(^-^)

 

ただ、病院に連れていったあとは手足の消毒はもちろん、全身も拭くようにしています(*^▽^*)

とくに免疫力の低下したシニア犬には必須!

ダニ・ノミ。感染症。待合室で粗相をしてしまうわんこもいるので、ね!

 

ということで、シニア犬をパートナーにもつ皆様、是非定期検査と診察後の消毒を心がけてみて下さいな♪

 

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク