熱中症だけじゃない!夏に気をつけること

35℃以上なんて当たり前よね

 

どこの地域でも30〜35℃以上の猛暑が続きますね。夕方になっても28℃〜30℃なんてのは当たり前!

なのでバカボンずもほとんど外に出ていません(^_^;)

ですがこの間、久々に夕方涼しくなりましたので実家のほったらかしガーデンで遊んできました♪

 

庭は7月あたまに芝刈りしたばかりというのに、もうジャングル化しています( ;´Д`)

 

こういうところはダニや虫がいるから入ってほしくないんだけどなぁ〜;

お薬とフロントラインしてるから大丈夫とはいえ気をつけねば!

 

久しぶりに遊びまわったのでバカボンずは大興奮☆

 

ですが30分もたつと、テンションとは違いに暑さに耐えきれなくなってきたようです。

 

さ!ここで気をつけるのが温度差です!

26℃の室内に対し、35℃の野外。

10℃の温度差は人間でも堪えますが、わんこも同じく身体ストレスがかかります。

夕方少しでも温度が下がったから散歩へ・・・というだけでも下痢・嘔吐など大腸炎につながる場合もあるそうですヽ(´o`;

今の時期は体調不良になる子が多いと、獣医さんも言っておりました。

我が子の為にと行なっている夕方や早朝散歩も室内との温度差が大きいと体調不良の原因にもなりますので、室温を高めに設定したりして予防することをオススメします(^ ^)

 

それでは皆さん、夏も元気に過ごせますようお気をつけ下さいね!!((o(^∇^)o))

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク