筋肉の低下が起こした金の卵事件

 

普段のボタンさんってこんな感じ

椎間板ヘルニアと馬尾症候群によって、基本尾っぽは下がりっぱなし。

さらに頸椎ヘルニアの影響で、頭を真上に上げておくことが出来ないので、基本はこの姿勢。

尾っぽが上に上がる時といえば、ウマウマを貰える時。お散歩に行く瞬間。帰宅してすぐのわずかな時間と、ショータイムの後など・・・

テンションが上がった時、短時間で上がる程度。

それがなんと・・・・!!

なにもしていないのにボタンさんが私のことを見つめて尻尾を振ってらした!

私のことが好きなの!?そうなの!?

だから尻尾を振ってらっしゃるの!?嬉しいなぁ〜!!((o(^∇^)o))と、「かわいい!かわいい!」を連呼していたら・・・

 

「え?」

「えぇ!?」

おしりの方からなにかが転がりましたけれども!?

まさか!!

こ、これわ・・・!!!

 

黄金のたまごという名の『う●ち』でわ!!?

 

 

どうやらボタンさんは、私に対して尻尾を振っていたのではなく・・・・

 

『う●ちのために力んでただけなのだ!』

 

なるほどねー!!!!!( ;∀;)w

 

 

なんてことが最近ありました(笑)

ついに立ったままう●ちを出来るようになったとは・・・

シニアになると予想外なことが多くて笑いがたえません( ^∀^)

 

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエ

☆多頭飼ランク