気が休みません

余命宣告から早11日が経過。

脾臓摘出から数えれば20日が経過しているにもかかわらず、サツキはよくご飯を食べ、いいう●こも出し、よく遊んでいます(^^)/

定期検査でも、肝臓のために減らし始めたステロイドの影響もほとんどなく、血液量は27%と平行を保ちGOOD!

なので、子犬の頃からお互いの家を行き来しているもう一人のママの元へ1週間お泊りに行くことになりました!

やっぱり、サツキの望むことはたくさんしてあげたいからね。

ジュニアとも仲良くやっているようです^^

出来るだけたくさんの人と遊んでくるんだぞ~♪

 

さて。サツキはとりあえず安定しているので、2か月ぶりにボタンさんを健康診断に出したのですが、なんと残念な結果がでてしまいました。

9月には落ち着いてきた胆泥症が悪化し、胆嚢粘液化してしまっていたのです。

しかも左の腎臓は約半分ほどのでかい腎嚢胞ができていて、腎臓の四分の一が機能していない状態らしい。。。

まだ血液検査の結果が出ていないので、詳しいことはわかりませんが、胆泥粘液等の説明はまた次回UPしたいと思います。

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
☆多頭飼ランク