終活

サツキを子犬の頃から一緒に育てている。サツキにとってはまさに第二のママが、またお見舞いに来てくれました~(^^)

昔は1~2年ごとくらいで、お互いの家を行き来していましたが、ジュニアが生まれてからは、サツキの事も考えて我が家にいたんだよね。

最近ジュニアも大きくなってきたし、サツキも落ち着いてきたからそろそろママの家だねぇ~なんて話をしてる間に、免疫介在性血小板減少症になり、膵炎になり、リンパ腫が発見され今にいたる。

 

サツキは本当に人が好きで、ママやママの周りにいる人達もサツキのことが大好きで。

お見舞いに来てくれたママと再会した時の喜びようは、我が家では見たことがないくらい、吠えながら尻尾を千切れんばかりにふっていました。

本当に好きなんだなぁ。

 

サツキの余命がわずかの中、私に出来ることは、サツキの好きなことや好きな人達にどれだけしてやれるかだと思っています。

ならば、元気なうちにサツキをママの家に連れてってもらいたいとお願いし、

来週の再診で問題がなければ、1週間ほどお泊りが決定いたしました(^^)

 

サツキもたくさんの人たちに会いたいでしょう。

そして、その人達にたくさん「ありがとう」を伝えたいはずです。

私は十分サツキからの愛情を頂きました。

今度は返す番です。

 

たくさん触ってもらいなさい。

たくさん記憶に残してもらいなさい。

そしたら、サツキが旅立ってしまったあとも、記憶は生き続けていくから寂しくないよ。

ピッチや歴代のわん友達のように、話題にあがっては笑えるようにさ!