術後良好です♪

1日に無事手術を終えたサツキ(^^)

しかし、一番の心配は術後でした。

 

1つは輸血の副作用・アナフィラキシーが出ないかどうか。

2つ目は、術後体調の急変。

3つ目は、脾臓摘出したことによる貧血悪化の恐れ。

 

そもそもなんで脾臓を摘出することになったかというと…

脾臓の役割を簡単に説明すると

・免疫機能:リンパ球をつくる

・血液の貯蔵

・造血機能

・古くなった赤血球の破壊

この4つが主な働きなわけなのですが、その脾臓がサツキの場合、重さ1kg程まで肥大化してしまっていたのです。

本来はにぎり拳程度のものが、ここまで大きくなっている理由として考えられるのが、

造血機能が異常に働いている。or 赤血球を異常に壊している。

の、どちらか。

もしくは、その両方。

それを調べるすべがなかったので、薬を飲みながら様子見し。

そしてこの間から、急激に血液が減っていったので、肥大化してる理由のひとつに造血が含まれていたとしても、それ以上に赤血球の破壊スピードの方が上回っていた為、脾臓摘出にふみきったのです。

 

輸血のお陰もあり、手術前は13%だった血液も、手術後は23,7%まで上がっていましたが、問題はその後!

万が一、脾臓が造血のためにも働いていたとしたら、せっかくの輸血もだんだんと薄くなってきてしまう…

なので、術後も安心できなかったわけですが、手術した次の日の検査結果では、、、、

 

なんと28%まで増加!!

 

よかったぁ~(о´∀`о)

やっとこさ一安心!最悪の事態は免れた!

あとは、この血を無駄にしないよう、薄くなる前に造血に力を入れていかなければ!

 

なんとなく今日も血色もいい気がします(^^)/

次の日さっそくワン友が、お見舞いにきてくれた内容は、また次回に!

Please Click!
☆イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

☆多頭飼ランク