お墓参り

ご挨拶してきました

サツキの貧血について更新する予定でしたが、昨日ナナばぁの火葬が済んだので、先にお墓参りの内容をupしようかと思いますm(__)m

 

我が家は運良く、すぐ近くにペット霊園がありまして、毎日お散歩がてらお参りできるのです。

先代のシェルティとナナばぁは合同火葬だったんだよね。

ピッチは個別火葬で、他にも立ち会い火葬というのがあるらしい。

人と同じで、火葬の間は待ち合い室にいて、1時間ほどたったらお骨拾いするんですって。

霊園によっては、お経を読んで下さるところもあるとわん友から聞いた。

世の中変わったなぁ~。25年くらい前だったら、考えられないような事だったものね。

ペット保険もあるし、動物病院だって増えた。

その分、ペットを亡くしたあとの反動が凄いらしく、ペットロスも増加傾向にあるらしい。

 

確かに、私もピッチが亡くなる前日と後の瞬間は結構な衝撃だった。

でもいつかはお別れがあるものだからね

老衰で最期を見届けられたら、万々歳だけれども。

もしかしたら病気や事故、突発的に亡くなる場合だってあると思う。

もし、ボタンさんが急に旅立ってしまうような事があれば、自分を許せないだろうし、凄く悲しむだろうなぁー

 

ニコやサツキ、ドラがいるだろ。とか

ボタンはきっと幸せだったよ。だなんて言われても、

 

そんなの関係ねぇ!今!目の前に!

ボタンが見えなきゃ!いなきゃ!意味がない!!

 

なんて思うのかもしれないなぁー

 

でもふっと気づく時があると思うんだよね。

亡くなった後は姿が見えなくなってしまうけれども、みんなの記憶に残ってれば彼・彼女達は生き続けてるんだなって。

だからペットロスになって、彼・彼女達の遺品を処分してしまう人もいるけど、勿体無いと思うなー。

見るだけで思い出してツラいのだと思うけど、彼・彼女らが使ってた洋服を誰かにあげて、うちの子の方が似合ってたな(笑)なんて思ったり、

うちの子こんな小さかったんだ。

とか、あの子こんな洋服着てたのね。て

亡くなった後も話題に上がるような生き方させてあげたいって、私は思うよ。

 

価値観は人それぞれだけれども!

忠犬ハチ公みたいに、語りつがれれば生き続けるのよ(^^)/

 

というわけで、これからも先代やピッチとともに、ナナばぁの話題もでますよ!

それでは、偉大なる先輩犬達に敬礼!(^^ゞ

そして、これからもよろしくお願いします!

PleaseCrick!イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル

多頭飼ランク